粗大ごみの回収を自治体にお願いする場合の手順と費用


家電買取専門店「ECOlife」
年末などに大掃除をすると出てくる問題が大掃除によって出てくる粗大ごみをどう処理するかです。
小さなものでしたら普段のゴミ捨て場で期日を守って廃棄するだけなのですが、量が多いとそうはいきません。
粗大ごみとは具体的にいうと一般家庭から排出される電気、ガス、石油器具、家具や寝具、趣味やスポーツ用品などです。
家電やパソコンはリサイクル法によって粗大ごみの対象ではないので家電買取に相談するのもよいでしょう。
これらはそれぞれのやり方で引き取ってもらいます。
量の多い粗大ごみは二通りの方法で廃棄します。
それぞれの自治体にあるごみの持ち込みセンターを利用する方法です。
これは自動車を使ってごみを運んでいき、そのごみのキログラムによって料金がかかるものです。
粗大ごみ関係なく可燃ごみや不燃ごみ、有害ごみも一緒にまとめてなどそれぞれのごみ廃棄センターによって料金も仕組みも異なりますが廃棄は間違いなくできるはずです。
もし自動車を保有していない場合は、インターネットで予約をして申し込む方法があります。
粗大ごみ受付センターへ電話をするとたくさんの申し込みが可能だったりもします。
ここで話題にあがりがちな不用品回収業者ですが、優良な会社とそうでない会社が混在しており、無料を謳っている業者は信用しないほうがいいです。
基本的に有料回収なのであり無料というのは考えにくいものです。
よく年末の大掃除の時期を狙ってトラックで回っていますが、まずそこは怪しいと考えるべきなのが正解です。